鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

骨盤矯正と整体

骨盤矯正

最近では「骨盤矯正」というのをテレビや週刊誌やネットなどで見かけることが増えました。「骨盤矯正」は、どのようなものなのか知っている方達は少数です。「骨盤矯正」はなんなのか説明してみる。「骨盤矯正」のことを知って、間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨、それと仙骨の先っぽにつながる尾骨からなります。外科などの病院の治療では一般的に骨盤の治療は行いません。なぜでしょうか?病院では骨盤はズレないと考えられていて、「骨盤」が日常生活でズレてそのことが身体の不調の原因になってしまうことはないと思っているからなのです。(だがある一部の病院では骨盤の施術を独自にやっている病院も少ないながらもある)。例外としては、交通事故や高い所から落下した場合のように強い力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の捻挫、脱臼のような状態)、元の状態に戻す為に骨盤を治療することがあります。この場合、手術によって「骨盤」の修正をすることが多いみたいです。また婦人科では、産後に骨盤の関節の歪みを改善するように「骨盤」を締め付けて固定する骨盤ベルトのようなものを奨める病院があります。 

骨盤はズレるのか?

一般の医療では骨盤は歪まないとされており「整体」などの民間療法では骨盤は歪むといわれどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明していきます。まずは、整体でいうところの骨盤が歪むと言うのは、病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲン写真などの画像で見て分かるような大きなズレは扱いません。

一般の医療では?

外科などの一般医療では、レントゲンなどの画像で見ることのできないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えているのです。それ以外にも骨盤の動きは少なく例外的に出産する時に開くくらい。中年以降は仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常では動かないと考えらているようです。

整体では?

整体でおこなわれている骨盤矯正では、普段の施術で「骨盤」のほんの少しのひずみを調整していくことで患部の痛みが解消されるのを体験しています。実際「骨盤」の関節の周りには筋肉、神経、靱帯などがあってわずかな歪みでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激します。レントゲン写真のような画像診断でひずみが見られない場合でも骨盤が歪んでいて、そのひずみを調整する必要があると整体で言うのはこのためです。

痛みの原因は骨盤の歪み

ひずんだ骨盤は、いろいろな痛みなどを肉体に出現させます。骨盤がひずむと骨盤に乗っている脊椎がズレます。背骨が歪むと背骨の中を通る神経や血管、身体を保靱帯や筋肉、全身に血液を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、全て体にとって凄く重要なものでどれが侵されても筋肉や内臓に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨が歪むと背骨より出る神経の機能が障害されます。内臓機能の異常や運動器官の障害など肉体のさまざまな部分が神経の命令で操られているのですべての肉体の障害に関連してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ズレた体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負荷がかかるため、慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

身体の曲がりによって血管を圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの原因なってしまう。

整体と骨盤矯正

民間療法などの整体の「骨盤矯正」では多くの場合手によってされます。矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もあるが、一般的には手技でします。また、ベルトのような骨盤を固定する装具も使うこともあるみたいです。一般に矯正の痛みは伴わないのが普通ですが、中には凄く強い力で無理やり調整をする方法を用いる施術師もいます。正常な骨盤の場合は、骨盤の関節の可動域は非常に狭く大きく動くことは無い。この微妙な可動域を治療により動かすので、基本的に強い力を使うことはないのです。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の関節は筋肉や靱帯で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできません。「「骨盤」が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことを雑誌、ネット、テレビなどで見られますが、騙されないで。骨盤にどんなに力をかけても眼で見て分かるほどの変化はしない。こんな広告をする「整体」は骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えて修正します。凄く強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると考える人もいると思いますが、見た目で分かるほど動いたときは骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、筋肉や靱帯を破壊してしまいます。治療した後に変化したと感じる方達もいるみたいですがプラシーボ効果みたいなもので変わったような気になっているだけです。骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ骨盤が目に見えて変化が自覚できるほど可動していることはない。逆に目に見えて違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の強い痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外として「骨盤」が通常以上に可動する場合がある。それは、出産する時です。出産する時は、ホルモンの作用によって「骨盤」の関節が緩み骨盤が広がるように可動しやすくなる。出産時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性はないのです。出産時でも決して大きく動かない骨盤が、外見で分かるほど矯正で大きく可動することは無い。歯列矯正のように数年間にわたって常に力をかけるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していく事はできるでしょうが現実では無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!

「整体」でする骨盤矯正は体形などを変化させるようなものではなく肉体をバランスの整った理想的な状態に正すことが目的です。骨盤の関節はちょっとのズレでも痛みを発することがありますし、骨盤のちょっとの歪みを体全体をひずませ健康などに大きな影響を与えます。骨盤を整え体をバランスがとれた良い状態に保つことで、健康を保って痛みや凝りを治します。もしも骨盤がひずんでいると思ったら骨盤矯正をやってみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、体の基礎です。骨盤が歪めば体全体が傾きます。健康な身体は姿勢から!「整体」の治療はとても有効な手助けになる。

カイロ整体カイロプラクティック整体凝り、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛x脚姿勢の矯正猫背の矯正側彎o脚x脚メンテナンス背骨の矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤慢性的な体調不良カイロカイロプラクティック

2024年4月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kyapivara