鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ縺ィ謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市南区、骨盤矯正、整体

【ピンクレディー】ペッパー警部【叩いてみた】drum cover/ドラムカバー pink lady

日本の未来を的中!30年前に描かれた最強の予言漫画がヤバい。

これから日本に起こる悲劇も描かれている!?【 予言 漫画 マンガ ヤマタイカ 】

ドイツ海軍の「艦種コレクション」?―空母「グラーフ・ツェッペリン」とドイツ海軍【ゆっくり解説】

【火垂るの墓/考察①】ホントは10倍怖い!人間性が壊れていく清太※ただの可哀そうな反戦映画じゃないんだ!高畑勲が伝えたかったこと~人間のリアルを描く~【岡田斗司夫/切り抜き】

【ゆっくり解説】致命的な人体の欠陥7選 ~人間の雑学~

【ゆっくり解説】本当は怖い平安京の謎!!

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近では「骨盤矯正」という言葉をネットや週刊誌で見ることが多くなってきました。

骨盤矯正」とは、どんなものなのか知る方達は多くない。

「骨盤矯正」はどんなものなのか解説していきます。

骨盤矯正のことを理解し間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨(せんこつ)の先っぽに付いている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療は一般に骨盤の矯正はおこないません。

なぜかと言うと、普通の病院では骨盤はズレないと思っていて骨盤が日常生活で歪み、そのズレが肉体の異常の要因になってしまうことはないと思っているからなのです。

(しかし一部の整形外科で「骨盤」の施術を独自にやっている整形外科もわずかにある)。

例外として、交通事故や高い所から落下した場合のように強烈な負荷が「骨盤」に加わり骨盤の関節が大きく歪んだとき(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を施術することがある。

この場合は、手術によって「骨盤」の施術をすることが多いみたいです。

また産科では、出産後に骨盤の関節の緩みを調整するように骨盤を締め付けて固定する骨盤ベルトのような装具をすすめる病院が増えてきました。

骨盤はズレるのか?

病院の医療では骨盤は歪まないと言われ、整体などでは「骨盤」は歪むといわれていてどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いが出るのかを説明してしてみたいと思います。

まずは、整体で言うところの骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲン写真などの画像でわかるようなひどいズレは扱いません。

病院では?

産婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で分からない程度のズレは痛みなど身体の不調の要因になることはないと考えているのです。

これ以外にも骨盤の可動性はわずかで例外的に出産するときに動く程度。

歳をとると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまうため骨盤は普通動きがないと思われているみたいです。

骨盤矯正と整体

整体で行われている骨盤矯正では、普段の施術で骨盤のすこしのひずみを矯正した直後に患者の症状が良くなるのを経験しています。

実際骨盤の関節の周りには靱帯、神経、筋肉があってすこしのひずみでも神経、筋肉、靱帯、を刺激してしまいます。

MRIやレントゲンなどの写真でズレが認められなくても骨盤がひずんでいてその骨盤を施術する必要があると整体で考えるのはこのためです。

痛みの原因は骨盤の歪み

ひずんだ骨盤は、いろいろな異常などを肉体にもたらします。

骨盤がズレると骨盤に乗る脊椎が歪みます。

脊椎がズレると脊椎の中の神経や血管、骨を支える筋肉や靱帯、全身に血液を送る血管に負担がかかります。

これらは、どれをとっても肉体にとって凄く重要なものでどれが侵されても肉体に障害が起こります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

背骨がズレると脊椎から出ている神経機能が狂います。

内臓諸器官の障害や運動器官の異常など体の色々な部分が神経でコントロールされているので、すべての身体の障害に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

歪んだ身体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかる為、凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

体が歪むことによる血行不良

肉体のズレによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの要因になります。

整体と骨盤矯正

手技療法による整体の骨盤矯正はおおくの場合手によってされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用する場合もありますが、一般的には手技でおこないます。

また、コルセットのような骨盤を固定する器具も用いる事もあります。

一般に矯正の痛みは無いのが普通のようですが、その中にはすごく強い力で無理に修正を、用いる整体師もいます。

正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域はとても狭く大きく可動することはありません。

このすくない動きを矯正で動かすので、基本的に大きな力を必要とすることはないのです。

現実の整体の骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの範囲でしか骨盤の関節は可動することはできません。

「骨盤」が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、雑誌、ネットで見ますが、騙されないで下さい。

骨盤にどれほど力を加えても見た目で分かるだけの変化はしない。

このような宣伝をする整体は、骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて修正します。

大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると考える方もいるようですが、見た目で分かるほど可動した場合は骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまう為、筋肉や靱帯を損傷してしまいます。

治療した後に変化したと思う方達もいるようですが、プラシーボ効果のようなもので変わったような気になっているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が目に見えて違いが自覚できるほど可動していることはありません。

逆に見た目で動きが分かるほど骨盤が動いたのであれば、関節の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、腸骨と仙骨の間の関節の痛みが発生しているはずです。

産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が、普通異常に動くことがあります。

それは、出産時です。

出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩み骨盤が、広がるように可動しやすくなる。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性はありません。

出産の時でもそんなに大きく開かない「骨盤」が外見で分かるほど修正で大きく可動することはない。

歯の矯正のように数年にわたって力を加え続けるようなベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していく事は可能でよしょうが現実では無理があります。

骨盤を矯正しよう!

整体でする骨盤矯正は体形などを変えるようなものではなく体をバランスの整った理想的な状態に整えることが目的です。

骨盤の関節は小さな歪みでも痛みなどを発することがあるし、「骨盤」の少しの歪みを身体全体をひずませ健康などに影響を与えます。

骨盤を整え身体をバランスのとれた理想的な状態に維持することで健康を保ち凝りや痛みを改善します。

もし骨盤が歪んでいると思うのであれば、「骨盤矯正」をやってみるのもいいでしょう。

骨盤は、肉体の基礎です。

骨盤が歪めば身体全体が傾ていしまいます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療法はとても有効な助けになります。

浜松市南区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です