鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市西区、骨盤矯正

【日本史】米海兵隊を壊滅させた日本軍の罠 ~2600名以上もの米兵が犠牲になった沖縄・シュガーローフでの戦い~/血染めの丘(前編)

日本の未来を的中!30年前に描かれた最強の予言漫画がヤバい。

これから日本に起こる悲劇も描かれている!?【 予言 漫画 マンガ ヤマタイカ 】

ノートPCのファン音を静かにする裏技を紹介します!【ThinkPad X240 #03】

最新型は別物・A-10サンダーボルトⅡと貧者のA-10【ゆっくり解説】

【Apple】「アップル製品をお使いの皆様に警告」iPhoneやiPadを使っている人はバカにされていますよ【 岡田斗司夫 切り抜き サイコパス Mac Studio】

世界の可変翼機《前編》 1930~60′ 開発史

整体の骨盤矯正

「骨盤矯正」

最近「骨盤矯正」と言うものをネットや週刊誌で見かけることが多くなりました。

骨盤矯正」は、どんなものなのかわかっている方達は少数です。

骨盤矯正はなんなのか解説してみます。

骨盤矯正」のことを知って、間違いのない骨盤矯正を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨の尖端についている尾骨からなります。

外科などの病院の治療は一般的に骨盤の矯正はしません。

なぜかと言うと、病院では「骨盤」は歪まないと考えられていて、「骨盤」が普段の生活で歪み、そのズレが肉体の異常の原因になることは無いと思っているからです。

(だが一部の病院では骨盤の調整を独自の方法で行っている整形外科もわずかにある)。

例外として、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな力が骨盤に加わり骨盤の関節が大きくズレた場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元どおりの状態に戻すように骨盤を治療する場合がある。

この場合、手術によって骨盤の施術をされることが多い。

また婦人科では、出産後に「骨盤」の関節の歪みを治すように骨盤を絞めて安定させるベルトのような装具を奨める病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

病院などの医療では骨盤は歪まないと言われ、整体などでは骨盤は歪むと言われ、いったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそんな違いが出るのかを説明してみます。

まずは、「整体」でいう「骨盤」が歪むと言うのは、病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲン写真などの画像で分かるような大きな歪みは扱いません。

病院では?

外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で分からない程度の歪みは痛みなど身体の不調の要因になることは無いと考えています。

それ以外にも骨盤の動きは微妙で例外的に出産するときに開くくらい。

中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうため「骨盤」は通常では動くことはないと思われているようです。

骨盤の矯正と整体

整体でおこなう骨盤矯正は、普段の治療で骨盤のすこしのズレを調整していくことで患者の症状が無くなるのを体験しています。

事実骨盤の骨盤のお周りには靱帯、神経、筋肉などがあってすこしのズレでも筋肉、神経、靱帯を刺激します。

レントゲンなどの写真で歪みが認められなくても骨盤がズレていてそのズレを修正する必要があると「整体」で言うのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み

ひずんだ骨盤は、様々な不調を肉体に出現させます。

骨盤がひずむと骨盤に乗っている脊椎が湾曲します。

背骨がひずむと背骨の中を通っている神経や血管、骨格を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、どれをとっても身体にとってとても重要なもので、どれが侵されても体に障害が起こります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

脊椎がズレると背骨から出ている神経の伝達が障害されます。

内臓機能の障害や運動機能の障害など肉体の色々な部分が神経でコントロールされているので、これら全ての体の異常に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ズレた身体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかるため、慢性の凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

肉体の歪みによって血管を圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体で行う骨盤矯正

手技療法などによる整体の「骨盤矯正」はおおくの場合手によってされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用する場合もあるが、一般的には手技で行います。

また、ベルトのような「骨盤」を圧迫する道具も使うこともあるようです。

普通修正の痛みをともなわないのが普通のようですが、その中には凄く強い力で無理やり矯正を行う方法をもちいる整体師もいる。

普通の骨盤の場合、「骨盤」の関節の可動性はとても狭く大きく可動することはない。

この少しの可動域を矯正によって動かすので、通常大きな力を必要とすることはない。

整体でおこなう骨盤矯正

「骨盤」の仙腸関節は靱帯や筋肉でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの範囲でしか骨盤の関節は可動することはできないのです。

「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、ネット、雑誌などで見ますが、騙されないで。

骨盤にどんなに力を加えても眼で見て分かるだけの変化はしません。

このような宣伝をする整体は骨盤の上に乗るなどして強い力を加えるなどして矯正します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える方もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど動いた時は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまう為、筋肉や靱帯を壊してしまいます。

治療した後変化したと感じる人達もいるみたいですがプラシーボ効果のようなもので変わったような気になっているだけです。

骨盤の仙腸関節に損傷がなければ骨盤が目に見えて変化が分かるほど動いていることはないのです。

逆に見た目で違いが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、仙骨と腸骨の関節の間の強い痛みが出現するはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として「骨盤」が、普通異常に動くことがあります。

それは出産時です。

出産時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩み「骨盤」が、広がるように可動しやすくなる。

出産の時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はない。

出産の時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、見た目で分かるほど施術で大きく動くことはありません。

歯列矯正のように数年にわたって常に力をかけるようなベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実では無理があります。

骨盤矯正をしよう!

「整体」で行われている骨盤矯正は、体形などを変化させるものではなく、肉体をバランスのとれた健康な状態に正すことが目的なんです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節は小さなズレでも痛みを発することがありますし、骨盤のちょっとの歪みを体全体をひずませ健康などに影響を与えます。

骨盤を整え体をバランスのとれた理想的な状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを治します。

もし骨盤が曲がっていると思ったら骨盤矯正をしてみるのもいいのではないでしょうか?「骨盤」は身体の土台です。

骨盤が歪めば体全体が傾ていしまいます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体矯正法はすごく有効な手助けになります。

浜松市南区、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です