鬪ィ逶、繧定ェソ謨エ縺吶k

浜松市中区、骨盤矯正

【高級食パン専門店】なんか消えそう…高級食パンブーム【ゆっくり解説】

【海外の反応】「日本人よ!嘘は良くない!」日本の恐ろしい奇橋に海外が大興!!

【海外の反応】お隣さんに、陸上自衛隊の10式戦車が理不尽に酷評されるも、アメリカはその実力に気付き…「絶対勝てない…」

【ゆっくり解説】日本が米軍の戦闘機を魔改造した結果ww

【ゆっくり解説】宇宙一危険な惑星TOP6

【2022年】『身長170㎝以下の男は人権ないw』発言で美人女性プロゲーマ大炎上【ゆっくり解説】

骨盤矯正と整体

骨盤矯正

近頃骨盤矯正と言うものをネットやテレビや週刊誌などで見かけることが多くなってきました。

骨盤矯正は、なんなのか分かっている人は多くありません。

骨盤矯正はどんなものなのか説明してみる。

「骨盤矯正」のことを知って、間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正

骨盤は左右一対の腸骨とその間にある仙骨、それと仙骨(せんこつ)の尖端につながる尾骨からなります。

外科などの病院の治療ではふつう「骨盤」の修正はなされません。

なぜでしょうか?普通の整形外科では「骨盤」は歪まないと思っていて骨盤が普段の生活でズレてそのズレが身体の異常の要因になるようなことはないと考えているからです。

(だが一部の病院では骨盤の調整を独自の方法でやっている病院も少しですがある)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な力が「骨盤」にくわわり骨盤の関節が大きくズレた場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を矯正することがある。

この場合、外科手術で骨盤の調整を行うことが多い。

また産婦人科では、出産後に骨盤の関節のゆるみを調整するように骨盤を締め付けて固定する骨盤ベルトのようなものをすすめる病院が増えてきました。

骨盤はズレるのか?

病院の医療では骨盤は歪まないと言われ、「整体」では骨盤は歪むといわれていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを解説していきます。

まず、「整体」で言う骨盤が歪むと言うのは、病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲン写真などの画像診断でわかるような大きなズレは扱うことはありません。

一般の医療では?

婦人科などの医療ではレントゲンなどの画像で見ることのできない程度のズレは痛みなどの身体の不調の要因にはならないと考えます。

それ以外にも「骨盤」の可動性は少なく例外的に出産時に開く程度。

中年くらいになると腸骨と仙骨はくっついてしまうため骨盤は通常では可動することは無いと思っているようです。

整体の骨盤矯正

手技療法で行う骨盤矯正は、日頃から骨盤の少しのズレを治療した後に痛みがよくなるのを体験します。

現実に骨盤の骨盤のお周りには靱帯、神経、筋肉がありわずかな歪みでも筋肉、神経、靱帯を刺激する。

レントゲン写真のような画像でズレがみられなくても骨盤が歪んでいて、その歪みを修正する必要があると整体で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

ひずんだ骨盤は、様々な異常を体に出現させます。

骨盤が歪むと骨盤に乗る背骨がズレます。

脊椎が湾曲すると背骨の中を通っている神経や、骨格を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、全て身体にとって凄く重要なものでどれが障害されても筋肉や内臓に異常が起こります。

骨盤が原因の体調不良

背骨が湾曲すると脊椎から出る神経機能が狂います。

内臓諸器官の障害や運動器官の障害など身体のいろいろな部分が神経の命令でコントロールされているので、これら全ての身体の障害に関わってきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

歪んだ身体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に大きな負荷がかかるため、慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良

肉体の曲がりによって血管などを圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体による骨盤矯正

民間療法などの整体の「骨盤矯正」は主に手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使うこともあるが、一般には手技でおこないます。

また、ベルトのような骨盤を圧迫する器具も使う事もあります。

普通修正の痛みをともなわないのが普通なのですが、その中にはすごく強い力で無理やり治療を行う方法を用いる治療師もいます。

普通の骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域はすごく狭く大きく動くことはない。

この少しの動きを修正により可動させるので基本的に大きな力を使用することはないのです。

整体で行う骨盤矯正

「骨盤」の仙腸関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性のゆるす範囲でしか「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は動くことはできません。

「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、雑誌、ネットなどで見ますが、騙されないで下さい。

骨盤にどれほど力をかけても見た目で分かるほどの変化はしません。

このような宣伝をする「整体」は、「骨盤」の上に乗るなど強い力を加えるなどして施術します。

強い力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える方達もいると思いますが、目に見えて分かるほど可動したときは骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。

治療した後変化したと感じる人達もいるみたいですが勘違いのようなもので変ったような感じがしているだけなんです。

骨盤の仙腸関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはありえません。

逆に見た目で動きが分かるほど骨盤が動いたのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、骨盤の関節に強い痛みが出現しているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外として「骨盤」が、通常以上に可動することがあります。

それは出産時です。

出産時は、ホルモンによって「骨盤」の関節がゆるみ骨盤が広がるように動きやすくなったりします。

出産の時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の関節はこのような柔軟性はない。

出産の時でも決して大きく動かない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく動くことは無い。

歯列矯正のように数年にわたって力を加え続けるようなベルトなど使えば徐々にですが動かしていくことはできるでしょうが現実では無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

「整体」でする「骨盤矯正」は、体形を変化させるものでなく体をバランスの整った理想的な状態に整えることが目的です。

「骨盤」の仙骨と腸骨の関節はわずかなズレでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の少しの歪みを体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。

「骨盤」を整え体をバランスがとれた理想の状態に戻すことで健康を保って凝りや痛みを治します。

もし骨盤がひずんでいると思ったら「骨盤矯正」をしてみるのもいいでしょう。

骨盤は、体の基礎です。

骨盤が傾けば脊椎が傾きます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療はとっても効果的な手助けになる。

整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です