縺弱▲縺上j閻ー縲∵紛菴・ 縺弱▲縺上j閻ー縺ィ謨エ菴・ 縺弱▲縺上j閻ー縺ョ豐サ縺玲婿

浜松市東区、整体

無料のOfficeはこれで決まり!  MicrosoftのOffice Onlineがアップデートでとても良くなりました! インストールさえ不要で使えちゃうんです!

【危険!】やってはいけない確定申告3選【還付金、ふるさと納税、減価償却/具体例付き/源泉所得税/寄附金控除/Depreciation、工具器具備品、消耗品費/白色・青色

もし、織田信長が秀吉・家康より長生きしていたら?

【高級食パン専門店】なんか消えそう…高級食パンブーム【ゆっくり解説】

【ひろゆきが絶賛】岡田斗司夫”アイデアの作り方” 凄すぎて鳥肌モノ【 ラブスマホ ラブ携帯 ラブテレフォン】【岡田斗司夫 / 切り抜き / サイコパスおじさん】

【ゆっくり解説】定員の倍以上が乗り制御不能に…車の定員を無視して無茶な運転を続けたDQNの末路

ギックリ腰

「ぎっくり腰」

日本語一般には、この病態はすなわち、大きな荷物などを運ぼうとした時などに激しい腰痛が発症して立つことさえできなくなる事を「ぎっくり腰(ぎっくりごし)」の通称で表します。

病院では「ギックリ腰」は、急性腰痛症といい腰の部分に突然痛みが出る病で筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状をさします。

急性の筋・筋膜性腰痛の他、腰椎椎間関節捻挫、腰椎椎間板ヘルニアや仙腸関節性腰痛などのような病態がおおいようですが、まれにスプラング・バックでも同種の痛みを発する。

発生要因も多種多様であるが、主に運動不足や年齢などが考えられる。

なお、腫瘍が原因で起こっている場合は、夜間痛・安静時痛が多く起こるので、ぎっくり腰などのように損傷の要因を特定できることは多くない。

また近頃では、原因を特定することのできない腰痛を非特異的腰痛と呼ぶことがあり、ストレスの影響があるのではないかと言われている。

ぎっくり腰を予防するには?

予防対策としては、荷物などを運ぶ際に足場の良くない所で無理な状態で持ったりしないように心がけることや、極端に重いものはなるべく持たずに済むように、荷物の収納方法を普段から考えておくことが効果的である。

また、睡眠不足でなおかつ過労ぎみの時なども起こりやすいようで、そんな環境に陥らないように防衛策を講じるのもひとつの方法になります。

可能ならば常日頃から軽度の運動をして腰周りから背中にかけての筋肉が弱くならないようにしておくこともあるていど有効です。

ぎっくり腰の診断

一般に行われる検査法では、主に、レントゲンとMRIです。

整形学検査をする事もありますが、近頃ではレントゲンとMRIのみという事がおおいようです。

「ぎっくり腰」は、レントゲンとMRIの画像診断を受けても原因は不明と診断される事が以外におおく、その原因としては、骨折、脱臼、筋肉や靱帯のひどい損傷がなければ、レントゲンやMRIなどの画像診断には写らないので、少しの損傷に関してはレントゲンやMRIなどを受けても分からないということになります。

「ぎっくり腰」でMRIとレントゲンなどの診断をしても「異常はありません」と言われるだけですね。

ぎっくり腰の一般的な治療

初期対応

いきなり発症する「ぎっくり腰」の初期の対応は、動かず安静にして患部を冷やすことです。

「ぎっくり腰」などのような急性腰痛の多くは、軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷をともなうことが多く、損傷してすぐに安静にすることと冷やすことが大事です。

「ぎっくり腰」の中には疼痛は出ているものの動けることもあります。

しかし、「ぎっくり腰」の痛みは数時間をかけて徐々にひどくなることがおおく、我慢すれば動けるからといって仕事をしてしまうと、のちのちぎっくり腰がひどくなる要因になります。

軟部組織の損傷がある可能性が高いということを考えて冷やすことで炎症を抑える効果があるといわれます。

だがしかし、冷やしても痛みが極度に減ることがない為、疼痛の減少を感じるほどのことはないみたいです。

薬など

一般的に「ぎっくり腰」では、痛み止めを処方されます。

鎮痛剤で「ぎっくり腰」の疼痛を抑えて自然に治るのを目指します。

痛み止めの湿布

湿布も一般的に処方されます。

しかし、「ぎっくり腰」のような急性腰痛では痛み止めの方が疼痛を軽減するにはいいみたいですね。

注射

疼痛がひどいとき、注射をします。

痛む所の局所的な麻酔と脊椎に注射をするブロック注射がある。

ブロック注射は疼痛に対してすごく効果的なことが多いがときどき医療事故も発生しています。

患部を保護する装具など

少し動くだけでも激痛をはっするぎっくり腰に、腰椎を保護するコルセットなどはすごく有効な方法の一つになります。

患部に負荷がかかると患部を刺激して疼痛が出るので、腰部を固定して動きを制限し患部の痛みを軽減する。

整体の矯正をぎっくり腰

病院などの一般の治療に加えて整体などの手技療法もぎっくり腰の治療として考えている人もいることでしょう。

整体で行われている「ぎっくり腰」の矯正は、どんなものでしょうか?整体では、関節をボキボキしている印象が強いと思います。

整体は、一般的に関節の歪みを矯正して体を整える手技療法です。

「整体で矯正を受けたら、帰りには疼痛は消えて普通に歩いて帰れた」とか「たった一回の治療で治ってしまった」などの話はよく聞きます。

一般に腰を損傷している「ぎっくり腰」には、ボキッとするような大きな力を加える治療はしません。

やさしくズレた骨盤や脊椎を施術します。

微妙な骨格の異常でも腰辺りに激痛を発することがあるようです。

このような場合には整体はとても効果を発揮する。

背骨の歪みや骨盤の関節などこの微妙な骨のズレを矯正することで、疼痛が瞬時に無くなることがあります。

ただ、「ぎっくり腰」のような急性腰痛に対してボキボキするような強い矯正をする治療院に通うのは注意しましょう。

その中にはぎっくり腰みたいな急性の腰痛に対し過激な施術を行いひどくなる事があります。

いい整体では、急性の腰痛に対してどんな時も強い修正を行うことはないのです。

浜松市東区、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です