鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市西区、骨盤矯正

【北条政子①】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がもっと面白くなる!鎌倉時代の本当の主役はこの人だった!

薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」 3rdシングル, 1984年5月 [HD 1080p]

【徹底調査】生牡蠣を安心して食べるには?これが答えです。

“世界一”の牡蠣の会社が辿り着いた、本当に安全でおいしいカキを知って欲しくて動画にしました。

【神回】ガチで実在する嘘みたいな雑学10選

器の小さい大人がよくする言動3選【仏教の教え】

『酒気帯び運転⇒処分無しへ』入れ歯安定剤を使用していたことによって酒気帯び運転。

違反点数25点で免許取消が不処分に!

骨盤矯正とカイロプラクティック

骨盤矯正

近頃では「骨盤矯正」という言葉をテレビや週刊誌やネットで見ることが増えました。

骨盤矯正とは、なんなのか分かっている人は少数です。

骨盤矯正」はどんなものなのか説明してみる。

骨盤矯正のことを理解し間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それに仙骨の尖端に付いている尾骨からなっています。

外科などの病院の治療は一般的に骨盤の施術はすることはありません。

なぜだと思いますか?一般の整形外科では骨盤はズレないと考えられていて、骨盤が日常生活で歪み、そのことが身体機能の異常の原因になることはありえないと考えているからなのです。

(だがしかしある一部の病院で骨盤の調整を独自のやり方でやっている病院もすくなからずある)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な負荷が「骨盤」に加わり骨盤の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元どおりの状態に戻すように骨盤を修正することがあります。

この場合、外科手術で骨盤の調整をおこなうことが多い。

また産科では、出産後に骨盤の関節の不安定性を改善するように骨盤を閉めつけて固定するベルトのようなものを奨める病院があります。

 

骨盤はズレるのか?

病院の医療では、骨盤は歪まないとされており「カイロプラクティック」などでは「骨盤」はズレるといわれどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いがでるのかを説明してしてみたいと思います。

まずは、「カイロプラクティック」でいう骨盤が歪むというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲン写真などの画像診断で分かるようなひどい歪みは扱うことはありません。

一般の医療では?

病院などの一般医療では、レントゲンなどの画像で見て分からないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の原因になりえないと考えているのです。

他にも骨盤の可動性は少なく例外的に出産するときに開くくらい。

歳をとると仙骨と腸骨はくっついてしまう為、骨盤は通常動きが無いと思われているようです。

骨盤の矯正とカイロプラクティック

カイロプラクティックなどで行う骨盤矯正では、普段の施術で骨盤のすこしのズレを調整することで患部の症状が無くなるのをよく目にします。

現実に骨盤の骨盤のお周りには筋肉、神経、靱帯などがありわずかなズレでも筋肉、靱帯、神経を刺激します。

MRIやレントゲンのような画像診断でズレが認められない場合でも骨盤が歪んでいて、その歪みを矯正する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこの為です。

骨盤の歪みが原因?

ズレた骨盤は、色々な痛みなどを体に出現させます。

骨盤が歪むと骨盤に乗っている脊椎がひずみます。

脊椎がズレると脊椎の中の神経や血管、肉体を支える靱帯や筋肉、全身の臓器に血液を送る血管などに負担がかかります。

これらは、全て体にとってとても重要なもので、どれか一つが侵されても筋肉や内臓に異常が起こるようになります。

骨盤が原因の身体の異常

背骨が歪むと脊椎より出る神経の伝達が狂います。

内臓諸器官の異常や運動機能の障害など肉体のさまざまな部分が神経でコントロールされているので、すべての身体の異常に関わってきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担

歪んだ肉体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかる為、慢性の凝りや痛みの原因になったり、運動機能の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

身体のズレによって血管を圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正

手技療法によるカイロプラクティックの骨盤矯正はおおくの場合手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドを使用することもありますが、一般には手技でします。

また、骨盤ベルトのような「骨盤」を締め付けるような器具も使うこともあるみたいです。

一般的に施術の痛みは伴わないのが普通のようですが、中にはすごく強い力で無理に治療を行う方法を使用する施術師もいる。

普通の骨盤の場合、骨盤の仙腸関節の可動性はすごく狭く大きく可動することはない。

この微妙な可動域を矯正で動かすので、基本的に大きな力を用いることはありません。

カイロプラクティックの骨盤矯正の現実

骨盤の仙腸関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、靱帯や筋肉の柔軟性の範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできません。

「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットで見ますが、騙されないで下さい。

骨盤にどれほど力をかけても眼で見て分かるほどの変化はしません。

こんな宣伝をする「カイロプラクティック」は、「骨盤」の上に乗るなどして強い力を加えるなどして治療します。

凄く大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える方もいると思いますが、目に見えて分かるほど動いた時は骨盤の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前と治療後で変わったと感じる人もいるみたいですがプラシーボ効果みたいなもので変ったような感じがしているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が見た目で変化が分かるほど動いていることはないのです。

かりに目に見えて違いが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、骨盤の関節に強い痛みが出現するはずです。

産後の骨盤矯正

例外として「骨盤」が、通常以上に動くことがある。

それは、出産する時です。

出産時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ「骨盤」が、広がるように動きやすくなっていきます。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性はないのです。

出産時でも決して大きく広がらない骨盤が、外見で分かるほど施術で大きく動くことはありません。

歯列矯正のように数年にわたって常に力を加え続けるような骨盤ベルトなど使えば徐々にですが矯正していく事は可能でよしょうが実際には無理があります。

あなたも骨盤矯正しよう!

カイロプラクティックでする「骨盤矯正」は、体形を変えるものではなく、肉体をバランスの整った理想的な状態に整えることが目的です。

「骨盤」の仙腸関節は、多少の歪みでも痛みを発することがあるし、骨盤の少しの歪みを体全体をひずませ健康などに大きな影響を与えます。

「骨盤」を矯正して身体をバランスのとれたいい状態に戻すことで健康を保って凝りや痛みを改善します。

もし骨盤がひずんでいるとおもうのであれば「骨盤矯正」をやってみるのもいいとおもいます。

骨盤は、身体の土台です。

骨盤が歪めば身体全体が傾きます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」矯正はすごく効果的な手助けになります。

浜松市東区、骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。