繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縲・ェィ逶、縺ョ遏ッ豁」

磐田市、骨盤矯正

愛人 / テレサ・テン

【実話】性病にかかった男の恐怖体験!!

【ぶっちゃけ】4Kモニターってさぁ…本当に必要?実際に買ってみた

【北条政子②】鎌倉幕府を守り抜いた日本史上初の女性リーダー!大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で話題

【文豪の死に様①】感染症と戦後不況だった大正時代には今を生きるヒントが詰まっている(Great Japanese Authors and Their Deaths)

【ゆっくり解説】2019年にも起こっていたDQNの川流れ。

過ちを繰り返すDQNたちの末路

骨盤矯正とカイロプラクティック

「骨盤矯正」

昨今は「骨盤矯正」という言葉を週刊誌やテレビやネットなどで見かけることが増えてきました。

骨盤矯正は、なんなのか分かっている方達は少ない。

骨盤矯正はどんなものなのか解説してみる。

「骨盤矯正」のことを理解して間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先についている尾骨からなります。

外科などの病院の治療は一般的に骨盤の施術はなされません。

なぜか、普通の病院では骨盤はズレないと考えていて骨盤が日常生活で歪み、その歪みが身体機能の不調の要因になってしまうことは無いと考えているからです。

(しかし一部の整形外科で骨盤の施術を独自の方法でしている整形外科もわずかにあります)。

例外として、交通事故や高い所から落下したときのように大きな負荷が「骨盤」にくわわり骨盤の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を調整する場合がある。

この場合、外科手術で「骨盤」の調整をされることが多いようです。

また婦人科では、出産後に骨盤の関節の緩みを修正するように「骨盤」を閉めつけて固定するベルトのような装具をすすめる病院があります。

 

骨盤はズレるのでしょうか?

一般的な医療では、骨盤はズレないとされており「カイロプラクティック」などでは骨盤はズレると言われ、どっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いがでるのかを説明してしてみたいと思います。

まずは、カイロプラクティックで言うところの骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲンなどの画像診断でわかるような大きなズレは扱うことはありません。

病院では?

婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見ることのできないくらいのズレは痛みなど身体の不調の原因になることは無いと考えているのです。

他にも骨盤の動きはわずかで例外的に出産の時に動く程度。

中年以降は仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常動くことはないと思われているようです。

カイロプラクティックでは?

カイロプラクティックで行われている骨盤矯正では、普段の治療で骨盤のわずかなひずみを治療したことで患者の痛みが良くなるのを体験しています。

現実に「骨盤」の骨盤の周辺には靱帯、神経、筋肉などが存在してわずかなひずみでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激する。

レントゲンなどの画像診断でひずみが見られない場合でも骨盤がズレていてそのズレを修正する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

ひずんだ骨盤は、色々な不調を身体に出現させます。

骨盤がひずむと骨盤に乗る脊椎が湾曲します。

脊椎がひずむと脊椎の中を通っている血管や神経、肉体を保筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても身体にとってすごく重要なものでどれが障害されても体に異常が起こります。

骨盤が原因の体調不良

脊椎がひずむと脊椎より出る神経の機能が狂います。

内臓機能の異常や運動機能の障害など身体のいろいろな部分が神経の情報でコントロールされているので、これら全ての体の異常に関わってきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

歪んだ身体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

身体の曲がりによって血管を圧迫されることで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの要因になる。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正

手技療法による「カイロプラクティック」「骨盤矯正」では、おおくの場合手によって行われます。

矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もあるが、一般的には手でします。

また、ベルトのような骨盤を固定する器具も使用する事もあるみたいです。

一般的に施術の痛みは無いのが普通なのですが、中には強い力で無理やり治療をする方法を使用する施術師もいる。

普通の骨盤の場合は、「骨盤」の関節の可動性はすごく狭く大きく可動することはありません。

このすくない動きを修正によって動かすので、通常は大きな力を使うことはないのです。

現実のカイロプラクティックの骨盤矯正

骨盤の関節は靱帯や筋肉でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさのゆるす範囲でしか「骨盤」の仙腸関節は可動することはできない。

「骨盤が開いているから、「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、ネット、雑誌で見ますが、騙されないように。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるだけの変化はしません。

こんな宣伝をする「カイロプラクティック」では、骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えて治療します。

すごく強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う人達もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど可動した場合は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまう為、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。

治療前と治療後で変化したと感じる人達もいるみたいですが勘違いのようなもので変わったような気になっているだけなんです。

骨盤の仙腸関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で変化が分かるほど可動していることはありません。

かりに見た目で変化が分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙腸関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、関節の強い痛みが出現するはずです。

産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が、普通異常に可動する場合があります。

それは出産時です。

出産時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩み「骨盤」が広がるように動きやすくなったりします。

出産時には恥骨の間が2㎝ほど広がりますが出産時以外では骨盤の関節は柔軟性は無いのです。

出産の時でも決して大きく開かない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく可動することはありません。

歯の矯正のように数年にわたって常に力を加え続けるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していくことはできるでしょうが現実では無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!

「カイロプラクティック」でおこなわれている「骨盤矯正」は体形を変えるものではなく、身体をバランスのとれた理想的な状態に正すことが目的なんです。

骨盤の腸骨と仙骨の関節が小さなひずみでも痛みなどを発することがあるし、骨盤の少しの歪みを肉体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。

骨盤を整え身体をバランスがとれたいい状態に保持することで健康を保って凝りや痛みを治します。

もしも「骨盤」がズレているとおもうのであれば骨盤矯正をしてみるのもいいとおもいます。

骨盤は、体の土台です。

骨盤が歪めば脊椎が傾ていしまいます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」矯正法はとっても有効な助けになる。

磐田市、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。