X脚と整体

浜松市西区、X脚矯正

【ゆっくり解説】高校生がどんちゃん騒ぎして遭難してしまった大峰山遭難事故

年金いくらもらってる?4月から新制度【しらべてみたら】

【実は違う】クモは昆虫じゃない!?昆虫と虫と鋏角類の違い

【ゆっくり解説】ゾッとする…昭和・平成初期に撮られた心霊写真9選!【ホラー】

【ゆっくり科学】視力が悪いほどよく見える!?全10問正解したら逆にヤバい【逆視力検査】

【疑問】記憶はなぜ遺伝しないのか

X脚(エックスキャク)

X脚矯正

日本人女性の脚の悩みでO脚の次におおい脚の悩みがX脚です。

日本人にとても多いO脚ととは違ってX脚の方は少数なのでご存じない人もいるのではないでしょうか?X脚とは、足をそろえて立つと足首の間がくっつかずにアルファベットのXの字のようになってしまうことからX脚(エックスキャク)と呼ばれています。

X脚は、ルックス的に残念なだけでなく、健康にもすっごく変化を与えます。

また歩く時や走る時にも不利な面があり、X脚の人はすぐにでも矯正することをおすすめします。

X脚の歩き方や走り方は独特で、脚が当たりやすく、両脚が絡んで転びやすい。

左右の脚が当たって転ぶのを防止するために両脚を左右に開いて歩くので上半身が左右に大きく揺れた歩行の仕方や走り方になってしまいます。

X脚の人達は歩き方がおかしいとか走り方がおかしいとか指摘されて、治療院に来院して初めてX脚だと気が付くこともあります。

見た目を気にするう方達には、このように揺れて歩くX脚の歩行の仕方は凄くマイナスです。

歩き方が変だとか、何も無い所で転ぶなどする人は、X脚かもしれません。

一回自分がX脚か確かめてみることをおすすめします。

X脚ではないと思っても、よく見るとX脚になっているかもしれませんよ。

X脚の要因?

X脚の要因には先天的な(遺伝的な)ものと、後天的なものがあります。

先天的なものは遺伝子によって受け継がれるものです。

後天性のものは、日常生活によって膝関節や足首の関節が歪んできたものです。

イスに座る時の癖や歩行時の癖などで脚が歪みます。

成長する時期の脚の骨が大きく伸びる時の影響力は大きく、ほとんどの場合、成長期にX脚なってしまいます。

また、X脚は、高齢になって骨や筋肉が弱まってくると急に膝の歪みが悪化してくる事が多く、これは膝関節が年齢と共に変形するのが原因になります。

X脚って真っ直ぐになるの?

昔は、X脚の原因は分かっていなくてひとたびX脚になってしまったら真っ直ぐになれないと言われていましたが、最近ではX脚の多くは改善することが分かってきました。

曲がってしまった骨は真っ直ぐに伸ばすことはできませんが、股関節、膝関節、骨盤などの骨格を調整することによってX脚を真っ直ぐに近づけるように矯正することが可能です。

X脚で悩んでいるのでしたら一度X脚矯正をしてみるのもいいですよ。

整体とX脚矯正

X脚の修正ですごく効果的なのが整体なんです。

整体は、骨を調整する施術でもちろん脚の修正の専門家でもあります。

整体でのX脚矯正では、骨盤、股関節、膝関節、足首の関節などをいろいろな方法で矯正することによって曲がった脚を真っ直ぐに修正していきます。

X脚の状態によっては道具を使用することもあるのですが、基本的に手技療法によって矯正します。

整体のX脚矯正は、最初から変化が出ることが多く、すごく効果的なのがわかります。

ただし、整体のX脚矯正といっても治療院ごとに治療方法が違い、どこに行っても同じ矯正ができる訳ではありません。

整体は技術職です。

治療師の力量にとても大きな差があるのです。

しっかり調べてから行くのがいいでしょう。

X脚矯正をおこなっている整体院でもホームページに治したX脚の写真を載せていないエステなどとかは行くのを一度考えた方がいい場合もあります。

X脚の矯正の実績が無い整体かもしれません。

あと危険なのが、最初から高額な回数券をススメてきたり、カードローンをススメてくる所も考えた方がいいかもしれませんね。

初めの何回かは様子を見る為に、回数券やローンを組まずに通った方がいいと思います。

X脚を治そう

X脚は歳をとると膝の痛みだけではなく全身に悪影響を及ぼします。

矯正するにも早くしないとX脚の治療自体が難しくなります。

整体の治療で改善できるといっても、膝関節や股関節などの変形が進行してからではどーにもできません。

X脚に気づいたら早く改善することをおススメします。

整体が効果的といっても限界があるので、改善できなくなってからでは遅すぎます。

X脚を治したいのであれば一回整体に行ってみることをおススメします。

浜松市中区、X脚矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。