逕」蠕後・鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市南区、産後の骨盤矯正、整体

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を受けたことありますか?

出産後に受ける産後の骨盤矯正を受けたことはありますか?近頃、出産された人達で知らない方はないんじゃないですか?産後に骨盤矯正が聞かれるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。

それより前にも産後の「骨盤矯正」はあったのですが、今のように一般には知られていませんでした。

30年ほど前に雑誌やテレビに取り上げられるようになり少しずつ産後の骨盤矯正は、世間一般にも知られるようになりました。

産後の骨盤てどーなるの?

赤ちゃんを出産するとき骨盤は、赤ちゃんが通過しやすいように広がります。

いつも可動しない「骨盤」の仙腸関節は子供を産むのがちょっとでも苦痛がないようにホルモンで可動性が増えて左右に広がります。

特に恥骨の間と坐骨の間が左右に広がります。

仙骨と腸骨の間の仙腸関節(せんちょうかんせつ)は可動しますが広がったりしないのです。

「骨盤」の骨盤の関節が柔軟性が増し始めるのは出産より前からで産後もっとも広く広がります。

少し広がった骨盤産後元の位置になります。

産後に骨盤は歪む?

ふつう、出産後骨盤は元の状態になります。

だがしかし、産後元通りにならず腰痛などを発現することがある。

どのように骨盤は歪むのでしょうか?

赤ちゃんによって歪む

妊娠中にお腹の赤ちゃんが徐々に成長していきます。

大きくなってきたお腹の赤ちゃんに骨盤が内側から押し広げられて骨盤がズレます。

妊娠中の性活習慣によって歪む

毎日の生活で骨盤が歪むような癖がある。

元々「骨盤」がズレていれば、出産後にその歪みが持続することがある。

産後「骨盤」は子供の出産前の状態に戻るが、もともとの骨盤の関節が歪んでいれば、歪んだ状態になります。

出産後骨盤が戻らない

産後に骨盤は出産前の骨盤に戻ろうとしますが、何らかの原因で骨盤が元に戻らずズレた状態になる場合がある。

このような場合、強い痛みが出ることがある。

痛みを感じる所は恥骨辺りの場合もありますが、腰全体出現する場合もある。

出産後の生活で歪む場合

出産後しばらくのあいだは、「骨盤」の関節は緩んだ状態になっていたりします。

その時に赤ちゃんの授乳などの変な姿勢で座る時間が継続したりすると出産後「骨盤」が正しく戻った後でもすこしずつズレてしまう。

自分でする一般的な産後の骨盤矯正

近頃では、産婦人科などでも骨盤のズレに対して「骨盤」を安定させるように圧迫する骨盤ベルトを使うように奨める場合もあるようです。

また、ネット、雑誌、テレビで自分で骨盤の関節のズレを整える骨盤矯正体操も流布されるようになりました。

婦人科で推奨しているような骨盤ベルトは、「骨盤」を圧迫するように「骨盤」の仙腸関節を押さえるだけです。

婦人科では、どのように骨盤が曲がっているかを検査することはない。

出産後「骨盤」が緩んでいることを前提に単純に圧迫してあげるだけです。

骨盤矯正体操は、ストレッチなどの体操や骨盤にチューブを巻いて骨盤を動かしたりして「骨盤」を元に戻そうとするものですが、自分自身の骨盤の状態がどんなふうにズレているかを知る方法を教えてくれませんので自分の骨盤の歪みの状態を知ることはできない。

柔軟や骨盤を動かす体操をしても自分の骨盤の歪みを知らなければ、正常な骨盤に治すには、どちらの方向に矯正を加えていいかわかりません。

自分の状況が理解できていないのに行う骨盤矯正の柔軟体操は、動かしている間に運よく理想的な位置になってくれるのではないかという「奇跡を願ってする神頼み」のようなものです。

整体の骨盤矯正

背骨矯正の専門家である整体は、骨盤矯正の専門家でもあります。

「整体」は「骨盤」のズレを検査して、骨盤の歪みを正しい状態に正すように「骨盤」を矯正していきます。

骨盤を正しい状態に治すには、骨盤のズレている状態を正しく知る必要があります。

「骨盤」の状態を把握しなければ、どの方向に骨盤を動かせば元に戻すことができるかわからない。

前の述べた一般人が行う骨盤矯正では、骨盤の状態を考えずに力を加える為、最悪歪みが大きくひどくなることもある。

このようなことは珍しくありません。

産後の骨盤矯正を考えるのであれば、「整体」で調整するのが一番推奨されます。

またエステのような所の「骨盤矯正」は、自分の印象なんですが、骨盤の歪みが無いにもかかわらず、大げさに「骨盤」がズレているとお客を不安な気持ちにさせ不必要な施術を長期間に渡って行う傾向が強いようにおもいます。

正直信用できない所も多いような気がします。

出産後の骨盤矯正は必要なの?

昨今の骨盤矯正の広告を見ると、出産後の骨盤矯正は、必ず必要と言わんばかりの広告が目につきます。

「骨盤矯正」は産後どうしても必要とするのでしょうか?その答えは「NO」です。

「骨盤矯正」が絶対必要なくらい体に影響があれば、「骨盤矯正」が存在しなかった時はどーだったのか?骨盤矯正が存在しなかった時でもなんの問題も無く人間は赤ちゃんと産んでいました。

産後の「骨盤」の大多数は、妊娠前の正常な状態に自然にもどります。

しかし中には産後に骨盤が曲がってしまう人がわずかながらいます。

大多数の方は、出産後の「骨盤矯正」は必要ではありません。

骨盤矯正が必要な人は、出産後何らかの異常を感じた場合だけです。

出産後の「骨盤」のズレが心配であれば、しっかり骨盤の検査をしてくれる整体に通うべきです。

正直な整体では、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと「骨盤矯正」を奨めることはありません。

しっかりした「整体」では、歪んでいない骨盤を歪んでいると言って、必要の無い骨盤矯正などを奨めることもありません。

多くの方達は、出産後骨盤矯正はしなくていいことを知っておきましょう。

必要以上に患者を不安にさせる治療院は要注意!

骨盤の歪みを放置すると「太りやすくなる」「体形が崩れる」「下半身太りになる」など必要もないのに出産後のの骨盤矯正をすすめるエステは一度良く考えてからにして下さい。

出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤が歪んだのが要因ですか?これらの原因の大多数は骨盤じゃなく性活環境です。

子供ができて習慣が変化すると、太ったりして体形が変化することは珍しくありません。

しかし産後の骨盤矯正を売りにする整体やエステの治療院は、産後の体形の変化を全て「骨盤」の歪みのせいにして、「骨盤矯正をすれば体形を元に戻せますよ」と広告するのです。

体形の変化の要因が骨盤の歪みであれば、骨盤の歪みを修正するだけで体形を戻すことができるはずですが、「骨盤矯正」だけで体が元どうりに戻る方達はわずかです。

その為、ダイエットサプリやストレッチや筋力トレーニングなどのエクササイズも同時並行して処方しようとする治療院がおおく、骨盤矯正では体形は元にもどせないと証明しているのと同じことです。

骨盤矯正に期待をすることは大きな間違いです。

怪しい治療院やエステには気を付けましょう。

整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。