肩凝り、カイロ、整体院

ブログ

中村家住宅にいってきました

浜松市西区雄踏町に国の重要文化財に指定されている屋敷があるんです(^_^)
中村家は、鎌倉時代から続く名門のようで文明15年(1483年)に、この土地に屋敷を造ったということです(^^♪徳川家康(とくがわいえやす)の第二子於義丸(後の結城秀康)が産まれた場所です(^O^)/
昭和48年重要文化財に指定され平成13年から15年をかけて解体復元工事を実施し、江戸時代前半の貞享(じょうきょう)5年(1688)頃の状態にしてよみがえらせたとのことです\(^o^)/
1-005●●●●●●●●●●

「かやぶき屋根に鬼瓦」。

「かやぶき屋根に鬼瓦」の屋根が特徴で同じような「かやぶき屋根に鬼瓦」の国の重要文化財は3カ所しかないらしいです!(^^)!家に入ると太い梁が絶妙に組まれて見ごたえがあります(●^o^●)曲がった木を上手に使用して建てられていることに関心します(^_-)-☆
お暇のある人は、一度時間のあるときに来てみてください。

新しい発見や体験ができるかもしれません(*^-^*)ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。